PVアクセスランキング にほんブログ村

ビーコム 初心者向け

【B+COM】ビーコムONEとビーコムSB6Xの違いおすすめ紹介【バイク用インカム・比較・どっち・何が違う・初心者向け・選び方】

2020年11月7日

 

ビーコムSB6Xを約3年使用していてすっかりビーコムが大好きな林です!

 

今日は、現行で発売されているビーコムONEとビーコムSB6Xの違いを解説を入れながら紹介します!

 

 

この記事を見れば「ビーコムONE」と「ビーコムSB6X」の違いとあなたがどちらを購入したほうが良いのかわかります!!

 

 

 

 

聞きトークができるか

 

 

「聞きトークができるか」と言われてもビーコムのことをまったく知らない方は、はてなマークだと思うので、聞きトークの解説をしたいと思います。

 

 

簡単に説明すると、インカム機能でツーリング中の相手と通話をしながらスマホや音楽プレイヤーとBluetooth接続をして音楽やナビの音声も同時に聞くことができる機能です!!

 

 

この機能がとても便利で、音楽を流しながらツーリング相手と通話できるので長距離ツーリングなどで会話が無くなってしまった時や、いつもツーリングに一緒に行く方で特に会話が無いときなどは自分の好きなBGMを堪能しつつ、必要な時はインカムの操作をしなくても常時つながっているので話しかけるだけで意思疎通できます。

 

 

 

 

 

 

デザインが違う

 

 

 

画像引用元

 

ビーコムONEとビーコムSB6Xでは少しだけデザインが違います。

 

 

シルエットが同じなのであとは、好みの問題だと思いますが、「ボタンの配置」「LEDランプの位置」「オプションのフェイスプレートの大きさ」などが少し違っています。

 

 

ただ一点だけ大きく違っている場所があり、SB6Xにはプレートアンテナが付いています。

 

 

SB6Xのブレードアンテナは使用していると折れてしまう事例や立てるのが面倒という意見もありますが、個人的にブレードアンテナを立ててインカムを使用する行為自体がカッコいいと思うのでブレードアンテナが付いているのはカッコいいと思います

 

 

ビーコムONEではブレードアンテナはついていません。

 

 

 

 

 

 

値段が違う

 

 

ビーコムONEとビーコムSB6Xでは定価価格で8000円ほどの価格差があります。

 

 

B+COM ONE¥27,000(税抜)
B+COM SB6X¥34,800(税抜)

 

 

ビーコムSB6Xには、2台ペアで定価67,500円(税抜)で販売してるセットもあるので、タンデムでバイクに乗られる方やカップルや友達同士でバイクに乗られる方は、こちらを購入したほうが少しだけですがビーコムSB6Xを安く購入することができます!!

 

 


 

 

 

 

 

マイクが選択式かどうか

 


 

 


ビーコムSB6Xには「アームタイプ」と「ワイヤータイプ」が両方とも同封されていますが、ビーコムONEは購入時にどちらか選択する方式になっているのでビーコムONEを購入する際には自分の用途にあったマイクが同封されている方を購入しましょう。

 

 

 

「アームタイプ」 ジェットヘルメットなど顎が出るときに使うアーム上になっているマイク
「ワイヤータイプ」 フルフェイスなど顎が出ずヘルメット本体に固定するマイク

 

 

 

 

 

 

バッテリー容量が違う

 

 

 

自分は、ビーコムSB6Xを使用していますが前日にしっかりと充電していればツーリング中にビーコムのバッテリーが切れてしまうようなことは一度もありませんでした。

 

 

ツーリングを終えて使い方にもよりますが、ビーコムの電池残量を確認しても50%以上電池残量が残っている程ビーコムSB6Xはバッテリー持ちがとてもよいです。

 

 

ビーコムONEとビーコムSB6Xではバッテリーの容量が違っていて、ビーコムSB6Xの方がビーコムONEよりも150mAバッテリーが多くなっています。

 

 

なので単純にバッテリー容量の多いビーコムSB6Xの方が稼働時間が長くなります。

 

 

基本的にどちらを選んでも電池残量を気にせず走れると思います。

 

 

 

まとめ

 

 

外観は似ているビーコムoneとビーコムSB6Xですが、大きく違う点は聞きトークができるかできないかの違いで細かい仕様変更は、使っていても気にならないレベルだと思います。

 

 

バイクを一人で乗る機会が少なく、誰かとのツーリングが主になる場合は聞きトークがあれば会話のない場合でもスマホや音楽プレイヤーから音楽を聞くことができるのでビーコムSB6Xをおすすめします。

 

 

バイクを一人で乗る機会が多く、たまにビーコムユーザーとツーリングに行く機会がありインカムをしようする場合はビーコムONEで必要な時だけインカムとして使用するのが良いと思います。

 

 

価格差があまり気にならないのであれば、上位機種にあたるビーコムSB6Xを購入しておけば間違いないと思います。

 


 


 

 

SB6Xを購入して2年間使用したレビュー記事もおすすめです!

 

【ユーザー歴3年】バイク用インカムを買う方にビーコムをおすすめする理由6つ紹介【オートバイ・SB6X・ バイクインカム・初心者】

  こんにちは、バイク歴約10年大型バイクに乗っている林です!!   今日はビーコムのSB6X(以後ビーコム)を購入しようとしている方に向けに2年間を使っている林がビーコムの良い所 ...

続きを見る

 

購入した後の操作方法は、こちらで紹介しております!

 

【イラスト付き】B+COM SB6Xペアリングの仕方(つなぎ方)を分かりやすく解説【ビーコム・ONE・接続方法・インカム・やり方】

今回は写真付きで、これを読めば速攻でペアリングできるように6Xの使い方を徹底解説します!!これであなたもビーコムマスター!?

続きを見る

 

記事を読んでいただき、ありがとうございます!!

私たちは、バイクのブログランキングに参加しています。

 

この記事がいいなと思った方は下の「バイクブログ」のアイコンをクリックしていただくと、ディアーガレージのブログにランキングポイントが入ります!!

 

もっとたくさんの方に読んでいただけるようなブログ目指して頑張ります!!

にほんブログ村 バイクブログへ

私たちはバイクのブログランキングに参加しています。

 

この記事がいいなと思った方は下の「バイクブログ」のアイコンをクリックしていただくと、ディアーガレージのブログにランキングポイントが入ります!!

 

もっとたくさんの方に読んでいただけるようなブログ目指して頑張ります!!

 

にほんブログ村 バイクブログへ

-ビーコム, 初心者向け