PVアクセスランキング にほんブログ村

CBR650R 用品紹介

【長距離ツーリング】CBR650Rで振動が気になる方におすすめのアイテム【振動対策・手しびれ対策・軽減・オートバイ・バイク】

2021年3月12日

 

こんにちは、バイク歴約10年CBR650Rに乗っている林です!

 

CBR650Rを納車して1年になりますが、思ったよりも振動が大きく感じる時があります。

 

今日は、CBR650Rを納車して振動が気になる方にCBR650Rの振動を軽減してくれるアイテムを紹介します。

 

 

 

 

バーエンド交換

 


 

 

CBR650Rにも純正でバーエンドが付いていますが、このバーエンドを重たい物に変更することで不愉快な微振動を軽減をできるそうです。

 

純正が黒なのであまり目立たない部品ですが、赤などで主張すればカスタムパーツとしても映えると思います!!

 

【ハンドルの振動対策!】CBR650R にポッシュハンドルバーエンド ウルトラヘビーバーエンド取り付け・道具・工具紹介【バーエンド・振動防止・手が痺れる・長距離・取り付け・POSH・CB650R・交換作業・簡単・疲れ 】

  こんにちは、CBR650Rに約3年乗っている林です!!   CBR650R オーナーの方なら分かると思いますが、意外とハンドルの振動が多く困っていました。   今回は ...

続きを見る

 

グリップ交換

 


 

 

こちらのグリップは、デイトナ製で【耐震GELシリーズ】の物です。

 

自分も前のバイクで愛用していました。

 

デザインもかっこいいのでカスタムした満足感も得られます。

 


 

 

取り付けには、こちらの専用接着剤を使用してください。

 

 

 

 

 

スロットルアシスト

 


 

 

運転中は、必ずアクセルを握らなければいけません。

 

グリップを極力軽く握ることでハンドルから伝わる振動を低減させることができます。

 

スロットルアシストを使用するとハンドルを握って回さなくても手の平でスロットルを押すことができます。

 

結果としてグリップを握ることがないので手が痺れにくくなります。

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

【長距離ツーリングのお供】バイク用スロットルアシストとはおすすめ紹介!【メリット・デメリット・危ない・事故・効果・ずれる】

  こんにちは、スロットルアシスト大好きで今まで沢山お世話になっている林です!!   今日は、長距離ツーリングの心強いお供 スロットルアシストを紹介します。   この記事 ...

続きを見る

 

 

 

 

厚手のグローブ

 


 

 

夏用のメッシュグローブを使用するよりも冬用の厚手のグローブを使用することでバイクの振動を抑えることができます。

 

振動対策のために暑すぎるグローブを使用してしまうとクラッチやブレーキを握りにくくなってしまうので気をつけましょう!

 

 

 

 

ゲルザブ

 


 

 

お尻の振動が深いに感じる方は、ゲルザブの使用をおすすめします。

 

ゲルザブは、バイク用の追加クッションで防水対策がされて薄い形状のおかげで足つきが悪くなることもありません。

 

薄いだけでなくクッションに特殊柔軟ゴムを使用しているのでお尻が痛くなるのを防いでくれます。

 

ゲルザブを使用すればシートからの不快な振動を低減することができます。

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

【尻痛対策!】バイク でお尻がなぜか痛い原因・疲労を軽減する対策方法5選【長距離ツーリング・疲れる・改善・おすすめ・痛み・バイクシート・ゲルザブ】

今回はツーリングの敵である、「お尻の痛み」や「疲労」を軽減する方法を紹介します!!せっかくのツーリングなのにお尻が痛くなって、走りに集中できなくなってはもったいないですよね。実体験をもとに書いていくので、皆さんの参考になれば幸いです。

続きを見る

 

 

 

 

タンクパット

 

 


タンクパットは、バイクのタンクに傷がつかないために使用するものがですがゴム製の物を使用すればニーグリップした際に、クッション効果を得られる物があります。

 

 

直接タンクに触れないことによってタンクからの振動対策になります。

 

タンクは、単色の物が多いのでタンクにタンクパットを使用することドレスアップ効果もあります。

 

 

 

 

バイクブーツ

 


 

 

スニーカーよりも靴底の厚いブーツの方がステップからの振動を低減することができます。

 

靴底が高い靴だと運転しにくい方は、こちらのソールを入れるだけでも振動を軽減することができます。

 


 

 


 

 

 

 

タイヤ交換

 

振動はエンジンから出る物だけは、ありません

 

路面から伝わる振動がそのままライダーに伝わることがあります。

 

タイヤを静粛性の高い物に交換することでライダーに伝わる振動を低減することができます。

 

スーパースポーツなどでは、比較的固く振動が伝わりやすいタイヤが使われているのでツーリングタイヤに交換することで振動が減ることがあります。

 

タイヤ交換時期などには、用途に合ったタイヤに交換するのもありだと思います。

 

 

 

 

まとめ

 

そこまで振動が大きいバイクだとは、思いませんが長距離運転しやすい車両特性から時間が経つごとに振動を感じてしまう車両でもあります。

 

しっかりと振動対策をして快適な長距離ツーリングを楽しみましょう!!

 

 

 

一番の振動対策は、定期的な休憩を挟んで疲れた時にはしっかりと休憩をとることだと思います。

 

 

【経験談】バイクの長距離ツーリングでおすすめの持ち物・装備12選!【あった方が良い物・初心者・ロングツーリング・装備・アイテム・快適】

今回は長距離ツーリングであった方が良い物11選を実際の経験をもとにお話しします!!長距離ツーリングとは一口に言っても、いろんな意見があると思うので、今回は400km以上のツーリングということを想定してお話しします!!

続きを見る

私たちはバイクのブログランキングに参加しています。

 

この記事がいいなと思った方は下の「バイクブログ」のアイコンをクリックしていただくと、ディアーガレージのブログにランキングポイントが入ります!!

 

もっとたくさんの方に読んでいただけるようなブログ目指して頑張ります!!

 

にほんブログ村 バイクブログへ

-CBR650R, 用品紹介