PVアクセスランキング にほんブログ村

Rebel250 用品紹介

【簡単!】レブル250のおすすめフロント周りのカスタムパーツ5つ【フロントフォーク・スクリーン・ツールバック・ヘッドライトカバー・Rebel】

 

こんにちは、バイク歴3年、元レブルオーナーのもんろーです!

 

今大人気のレブル250ですが、各社メーカーからさまざまなカスタムグッズが登場しており、私がレブルに乗っていたころよりもさらに幅広いカスタムを楽しめるようになりました。

 

今回は、元レブルオーナーの立場から、レブルのフロント周りにおすすめ・人気のカスタムを紹介します!

 

 

 

 

 ヘッドライトカウル

 

引用元:HONDA Rebel250 S Edition

 

2020年モデであるRebel250 S Editionに正式に採用されたヘッドライトカウル(通称ビキニカウル)は見た目の印象をスポーティーに変えることができる人気のアイテムです。

 

一般的にカウルは、ライダーに当たる風の抵抗を減らすことができるパーツですが、ヘッドライトカウルに関しては防風性はほとんどなく、ファッションとしての役割が大きいです。

 

 

2020年~のモデルに装着することができる純正ヘッドライトカウルは、Rebel250 S Editionに取り付けられているものと同じです。

 

ただし、~2019年までのモデルはネジ穴の位置がちがうため、取り付けることができません。

 

 

~2019年までのモデルの方には、K-speedのDiabro(ディアブロ)カスタムがおすすめです。

 

K-speedはタイのカスタムショップなのですが、そこが出しているDiabro(ディアブロ)カスタムがレブルオーナーの中で非常に人気を集めています。

 

 

引用元:K-Speed Rebel Custom

 

カスタムパーツが豊富であり、公式サイトではカスタムショップが組んだフルカスタムを一式購入することもできます!

 

 

走行距離15,000㎞超の中古のRenbel250がディアブロカスタム仕様で70万円で売り出しているのを見かけたこともあります。

 

 

 

スクリーン

 

引用元:Amazon デイトナ スクリーン レブル250/500

 

スクリーンは、防風効果が非常に高く、カウルのついていないネイキッドタイプのレブルに実用的カスタムとして人気です。

 

特に高速走行時に受ける風の抵抗が減り、冬は冷たい風をシャットアウトしてくれる快適アイテムです。

 


 

スクリーンは縦に長いロングタイプの方が身体に当たる風の量を減らすことができます。

 


 

フロントフォークにマウントするタイプのものは、フロントフォークを養生しないと傷がついてしまうので注意が必要です。

 

養生をする際は、フロントフォークが沈み込む部分にはかからないように金属部分が当たるところのみを養生するようにしましょう!

 

 

ヘッドライトカバー

 

ヘッドライトカバー(ヘッドライトグリル)は、ヘッドライトのドレスアップとして人気のアイテムです。

 

ヘッドライトにかぶせるように取り付けるだけの簡単カスタムで、フロントの印象を大きく変えることができます。

 

 

ネジで固定するタイプは、2020年~のモデルと~2019年までのモデルでネジ穴の位置が違うため、注意が必要ですが、粘着テープで固定するタイプならヘッドライトにかぶせるだけなので、カスタム初心者でも全く失敗がありません!


 

粘着テープを貼る前には、シリコンオフ等で脱脂をして、しっかりと圧着しましょう!

 

 

 

フロントフォークブーツ

 

引用元:Honda(Rebel250)

 

フォークブーツは、フロントフォークに取り付けることで金属部分の露出をなくし、より、引き締まった印象にしてくれる人気のカスタムパーツです。

 

装着は簡易方法ですと切り込みを入れて装着して、ボンドで山部分を接着することで取り付けることができるため、カスタム初心者でも比較的取り付けやすいと思います。




 

 

 

ツールバッグ

 

 

ツールバッグやフロントバッグは、フロントの印象を華やかにしてくれるアイテムです。

 

レブルの車載工具はシート裏に収納されているのですが、そのシートを外す工具(対角5mmの六角レンチ)が右側サイドカバー内でねじ止め固定されていて、簡単に工具が出せません。

 

そのため、ツールバッグを購入してそこに工具を収納する人もいます。

 

 

私の場合は、前後カメラ付きのドライブレコーダーを付けているので、ドラレコのモニターや配線の一部を収納して、ハンドル周りをすっきりとさせています。

 

また、バイクに固定しているひもが走行中の振動によって緩んでくることがあるため、定期的にチェックをし、バッグとバイクがこすれて傷がつくのを防止するために、傷防止シートや、耐震マットというパットをあらかじめ貼っておくことをおすすめします。




 

 

 

 

最後に

 

今回は、元レブルオーナーの立場からレブルにおすすめのフロントカスタムを紹介しました!

 

新型レブルが発売されてから各メーカーでレブルのカスタムグッズがたくさん発売しています。

 

人気車種でなかなか納車できない方も多いと思いますが、この機会に納車後のカスタムを考えてみてはいかがでしょうか?

 

【愛車歴3年】実際にしたレブル250のおすすめカスタムパーツ紹介 【ブログ・画像付き・ デイトナ・モリワキ・GIVI・マフラー】

  こんにちは! バイク歴約3年、大型免許取得後約1年のもんろーです!   今回は、私の愛車であるレブル250が納車されて3年ほどたったので、今までにしてきたカスタムたちを紹介しま ...

続きを見る

 

大人気のレブルをバイクカスタム初心者におすすめの理由 【カスタムパーツ・おすすめ車種・自分で・ 種類・DIY】

  こんにちは、彼女がレブルを所有していてすっかりレブルの魅力に憑りつかれている林です!   今日は、レブルがカスタムベースのバイクに最適だと思う理由を紹介していきます。 &nbs ...

続きを見る

 

私たちは、バイクのブログランキングに参加しています。

 

この記事がいいなと思った方は下の「バイクブログ」のアイコンをクリックしていただくと、ディアーガレージのブログにランキングポイントが入ります!!

 

もっとたくさんの方に読んでいただけるようなブログ目指して頑張ります!!

 

にほんブログ村 バイクブログへ

-Rebel250, 用品紹介

© 2021 ディアガレージ Powered by AFFINGER5