PVアクセスランキング にほんブログ村

整備

【トルクレンチは、緩めるのにも使える?壊れる?】正しく使用しよう トルクレンチの使い方【逆回転・タイヤ交換・逆回し・緩める方向】

2021年2月1日

 

こんにちは、元整備士で毎日トルクレンチを使用していた林です!!

 

今日は、トルクレンチを緩めるのにも使えるのかを紹介します!

 

結論としては、緩めるのに使用できるトルクレンチもあります。

 

そもそもトルクレンチとは、正しい締め付けトルクでしめるために使用される工具です。

 

トルクレンチの詳しい説明は、こちらの記事で紹介しています。

 

 

【トルクレンチ編】バイク整備のために購入するおすすめ工具!!【必要・使い方・バイク 初心者・メンテナンス・オートバイ・トルク管理・締め付け】

こんにちは、簡単なバイクの整備なら自分で行う二級二輪整備の資格を持っている、元自動車整備士の林です!   今日は初心者の方向けに、買っておいて損はない工具の中でもトルクレンチを紹介します! ...

続きを見る

 

 

 

計測機器は、正しく使用する

 

 

工具の使い方などを学んでいると工具の中でも測定機器は、特に丁寧に扱わなければいけないと教わります。

 

測定機器は繊細な物が多く、外部からの衝撃を加えてしまったり、間違った使い方をしてしまうと測定結果が狂ってしまい使い物にならなくなります。

 

測定機器は基本的にい高価な物が多く、トルクレンチも例外ではありません。

 

なのでトルクレンチも丁寧に扱うように学びます。

 

基本的には、基本的にトルクレンチは締め付けトルクを正しいものに使うので使用用途しては、緩めるのは、間違った使い方になります。

 

なのでインターネットなどで検索するとトルクレンチを使用してネジを緩めるのは、間違っていると記載されています。

 

実際にトルクレンチの種類にもよりますが、緩めるのに使用すると壊れるものもあります。

 

 

 

 

例外的に

 

 

ですが緊急時にトルクレンチを使用して緩めることができる物もあります。

 

参考元

 

こちらにも記載してありますが、締め付けトルクが分からない物に対してトルクレンチを使用して緩めてしまうと内部の機構が壊れてしまうこともあります。

 

一度トルクレンチが許容できる範囲で締め付けた物に対して緩める行為ができるトルクレンチもあります。

 

ただし時間が経過してネジ内部にサビや劣化が起こりネジが外れにくくなってしまった場合には、使用することはできません。

 

 

 

 

 

トルクレンチで回転方向を変えることができる機構が付いている理由

 

 

トルクレンチの種類にもよりますが、ラチェット機能を有しているトルクレンチでラチェットレバーを切り替えることによって矢印方向(締める方向)と逆の方向に回すことが出来る物もあります。

 

 

こちらは緩めるために使うというよりも、締め付けの際にネジに噛みこんでしまったソケットを外す時に使用するためにもあるそうです。

 

 

 

 

まとめ

 

トルクレンチの種類にもよりますが、緊急時にトルクレンチを使用して緩めることができる物もありますが、基本的にネジを緩める工具ではありません。

 

 

なのでトルクレンチとは、別に緩めることが出来る工具をしっかりと用意しましょう。

 

【トルクレンチ編】バイク整備のために購入するおすすめ工具!!【必要・使い方・バイク 初心者・メンテナンス・オートバイ・トルク管理・締め付け】

こんにちは、簡単なバイクの整備なら自分で行う二級二輪整備の資格を持っている、元自動車整備士の林です!   今日は初心者の方向けに、買っておいて損はない工具の中でもトルクレンチを紹介します! ...

続きを見る

【ラチェットレンチ編】バイク整備のために購入するおすすめ工具!!【初めて・初心者・メンテナンス・オートバイ整備】

こんにちは簡単なバイクの整備なら自分で行う、元自動車整備士の林です!!   今日は初心者の方向けに買っておいて損はない工具の中でもラチェットレンチを紹介します!   動画でも解説し ...

続きを見る

 

 

私たちはバイクのブログランキングに参加しています。

 

この記事がいいなと思った方は下の「バイクブログ」のアイコンをクリックしていただくと、ディアーガレージのブログにランキングポイントが入ります!!

 

もっとたくさんの方に読んでいただけるようなブログ目指して頑張ります!!

 

にほんブログ村 バイクブログへ

-整備