PVアクセスランキング にほんブログ村

初心者向け

【女性ライダー】両親にバイクの免許取得を大反対された話【危険・危ない・事故・心配・やめとけ・趣味・オートバイ・やめたほうがいい・無駄】

2020年10月8日

こんにちは!!バイク歴約3年、大型免許取得後約1年のもんろーです!

 

今回は、私が普通自動二輪免許を取得する際に、バイク乗らない方がいいと親に大反対された時のお話します。

 

特に女性ライダーになりたい方は両親に反対されることが多いと思います。

 

実際、2輪の死亡率は非常に高く、決して安全な乗り物とは言えません。

 

ですが、事故を未然に防ぐためにかもしれない運転をすることで、事故にあう確率を非常に低くすることは出来ます。

 

この記事では、親に反対された理由、説得した方法、現状親とどのような関係なのかをを詳しくお話しようと思います。

 

 

 

 

バイクとの出会い

 

今まで身近にバイクに乗る人はおらず、バイク乗りについて正直いいイメージはありませんでした。

 

林さん(このディアガレージをともに運営している)と出会った当時、林さんはバイクと車が趣味だったので、林さんとの出会いがバイクとの出会いになりました。

 

林さんを見ていると、「攻めた運転をすることなく、安全運転」でバイクの事が大好きなのが本当に伝わってきました。

 

そこで、今まで思っていたバイク乗りのイメージは180度変化しました。

 

 

バイクの免許取得を本気で考えた理由

 

当時、写真を撮る事が唯一の趣味でしたが、1人で遠くまで移動するためには電車やバスを利用するしかありませんでした。

 

林さんに車やバイクに乗せてもらったりしながら、色んな県を観光するうちに、自分の足で色んな所に踏み出したい」と思うようになりました。

 

今も昔も自分の車は所有していないので、車の免許取得後は両親の車を借りて近所に買い物に出かける程度で、遠出することは不可能でした。

 

 

どうしてバイクにこだわるのか

 

今まで怖いと思っていたバイクが、こんなにも楽しくてカッコイイものなんて知らなかった私は、自分が免許を取って乗っている姿を想像して、心躍る毎日を過ごしていました。

 

今までやってみたいと思ったことは、長続きしない事がほとんどでした。

 

沈んだ毎日に新しい刺激が欲しくなり、車は色んな人が乗っているけど、バイクは人口も少なくて、自分が求めているものがバイクに乗ることで見つかるかもしれないと思うようになりました。

 

 

親に反対された日の話

 

私は勇気をだして両親に二輪免許取得をしたいと伝えることにしました。

 

最初にお母さんに打ち明けたら、「危ないからダメ」の一点張りで、何度相談しても乗ったらダメと言われてしまいました。

 

車が好きで、バイクの父には唯一理解が得られると思っていたのですが、「絶対にダメ」「免許取るなら家を出て、知らないところでやれ」と言われた時にはショックで、思わずその場で号泣してしまいました。

 

 

 

反対された理由

 

 

 

 

まず第1に危険という事があげられました。

 

バイクの死亡率は非常に高く、車のように自身の体を守ってくれるボディーがないので、事故にあってしまったら、生存できる可能性は車に比べて低くなります。

 

次に、近所や人の目が悪いように向けられるということです。

 

ただでさえ、バイクに乗っている人は一般的に良いイメージがないのに、女の子がバイクに乗っているのはイメージが悪いというのが反対された大きな理由です。

 

乗らない理由としては充分すぎる理由であり、実家に住んでいる娘が事故で亡くなったり、大怪我をするということは、両親として非常に心配だということは痛いほどよく分かりました。

 

 

 

免許を取りに行く条件

 

何度お願いしたか分からないくらい、二輪免許取りに行きたいと言った頃、免許だけ取りに行きたいとお願いしました。

 

すると、母親から100歩譲って免許は取りに行ってもいいけれど「バイクは家を出て、知らないところで買う」「勝手に買っても絶対に車庫に置かせない」ということを条件に免許取得の許可をもらいました。

 

結局父とはその後、バイクの免許についての話はしていないので、父から免許取得の許可を得ることは出来ませんでした。

 

 

 

再度、親を説得

 

私は、親にバイクを購入する許可を得る為に、母を再度説得することにしました。

 

・かもしれない運転をすれば、事故率を下げれる事

・事故した時の死亡率は高いけれど、車だって事故をする時はしてしまうこと

・バイク乗りは決して悪い人ばかりではないこと

 

これらをを一生懸命説明しました。

 

その時から、お母さんは私がバイクに乗りたい気持ちが真剣で、色んなことを考えた上で乗りたい事を少しずつ理解してくれるようになりました。

 

 

 

親からバイク購入の許可が降りた日

 

 

 

 

教習が順調進んでいた頃、母親からバイク買ってもいいよと唐突に告げられました。

 

もんろーは1度言い出したら聞かないからと半ば折れる形で、バイク購入の承諾を得ました。

 

バイクが危険という事を理解しつつ、しっかり安全運転する」ことを前提に乗るならいいよということでした。

 

当時は働いており、自分でしっかり貯金もしていたので、親に頼ることなく「自分の力で購入する事ができる状態」だったのも許可が下りた理由のひとつでした。

 

こうして、やっとバイク購入のための準備を進めることができるようになりました。

 

【コミネマンはださい?】コミネ製品をおすすめする理由と評判をまとめてみた【ジャケット・プロテクター・コスパ・事故・かっこい・ 最強・デザイン】

こんにちはバイク歴三年、大型バイクを所有しているもんろーです!   みなさんは、プロテクタージャケットはどこのメーカーの物を着ていますか?   以前に林さんがバイクに乗るときの服装 ...

続きを見る

 

 

初めてバイク屋に行った時

 

免許取得後、私は初めてバイク屋に足を運びました。

 

気になっていたレブルを見るため、近所にあるホンダドリームへ林さんにタンデムしてもらい、お店へ向かいました。

 

初めて行くバイク屋、見える全てが別世界でした。

 

「怖い人がいるかもしれない」「相手にして貰えないかもしれない」と不安でいっぱいでした。

 

店内に入ってみると、店長が「どんなバイクをお探しですか?」「このバイクこういう1面もありますが、バランス良くて乗りやすいですよ。」と初心者にも分かりやすく、親切丁寧に教えて下さり 、車体と保険の見積もりを出していただきました。

 

お目当てのレブルを見た瞬間に、絶対にこの子に乗りたいと強く心に誓いました。

 

 

【高身長バイク女子】オーナーが納車後2年のレブル250を詳しくインプレッション 【ブログ・愛車・買った・乗り心地・バイク初心者】

今回は愛年車歴2年の私がレブル250のインプレッションをしていこうと思います!!
レブルは私の初めての愛車なので、非常に思い入れのあるバイクなんです。

続きを見る

 

 

 

バイクを契約した日

 

 

 

 

手付金を握りしめ、印鑑、住民票をもって契約に向かいました。

 

なんと、契約に行くときに母が付いていくと言ってくれたのです。

 

一緒に保険の話、金額や維持費の話を真剣に聞いてくれて、「これに乗りたい」って言ったら、「大っきいね〜」「うちの車庫に入るかな〜」って一緒に考えてくれました(泣)

 

少し前までは、乗ったらダメの一点張りだったのに、乗ったあとのことを前向きに考えてくれるようになり、母への感謝なしにはバイクに乗ることはできないくらい、本当に感謝しています。

 

 

 

バイクに乗り始めてから2年後の話

 

現在、バイクに乗り始めてから2年経ちました。

 

今では、バイクで帰ると「レブルさん♪」「ぶんぶんっ♪」と家族みたいにレブルのことを話したり、聞いてくれるのが凄く嬉しいです。

 

同じく反対していた祖父母も「単車で帰ってくるの?」「休みはツーリング行ってきたの?」とか楽しそうに聞いてくれるので、「周りの協力や理解があって今私はこんなに楽しくバイクに乗れている」んだなと改めて感じました。

 

結局、父からの承諾は得ることは出来ませんでしたが、「置けるの?」「俺の車の後ろには置くなよ」とだけ言い残していたので、バイクは置かせて貰えました(笑)

 

なんとなく、正式に許可を貰った訳では無いので、未だにモヤモヤすることもありますが、実家にいる頃にバイクを購入するすることが出来たのは本当に感謝しています。

 

欲しいものを自分の力で買うというのは、本当に重要な事だと思います。

 

当時の私にとって、「バイクを買う資金を貯金すること」と「バイクにについてたくさん調べること」が私に出来る誠意でした。

 

 

 

 

最後に

 

今回は、私が二輪免許取得時に大反対された時の話をしました。

 

実家に住んでいる方は特に、親は子供を危険に晒したくないという思いでいっぱいだと思います。

 

大きくなるまで育ててくれた親の存在は本当に偉大で、今までに計り知れない努力苦労をしてきてくれています。

 

そんな両親に今出来る恩返しは「何事もなく、元気でいること」です。

 

これからの人生はとても長く、今バイクに乗れなかったとしても、この先実家を出たら、自分で好きに人生を選択していくことができます。

 

実家に住んでいる方は目先のことだけではなく、家族と自分の両方が納得出来る答えを一緒にみつけてください。

 

これからの人生で後悔しないために。

 

 

【普通自動二輪】バイクの教習所費用いくら? 安く早く免許を取る方法も紹介【大型自動二輪・教習費用・バイク免許・お金・金額】

こんにちは!!高身長がコンプレックスのもんろーです!!
今回は教習準備編で普通自動二輪(MT)の料金や持ち物を私の体験を通してお話しします!!

続きを見る

 

【ヘルメットは持参?】バイク教習に必要な持ち物・おすすめの服装についてくわしく解説【必要な物・あった方が良い物・装備・バイク免許・自動二輪】

今回から、以前私が運営していたブログに残っていた、普通自動二輪免許の日記を数回にわたって加筆して書いていこうと思います!!これから教習所に通う方にとって参考になり、以前通っていた人にとっては懐かしい気持ちになってもらえたら嬉しいです。今日は、私が初めてバイクの教習に行った時のお話です!!

続きを見る

 

 

私たちはバイクのブログランキングに参加しています。

 

この記事がいいなと思った方は下の「バイクブログ」のアイコンをクリックしていただくと、ディアーガレージのブログにランキングポイントが入ります!!

 

もっとたくさんの方に読んでいただけるようなブログ目指して頑張ります!!

 

にほんブログ村 バイクブログへ

-初心者向け