PVアクセスランキング にほんブログ村

用品紹介

【冷える?】RSタイチのLIQUIDWIND実走行レビュー【バイク・レビュー・スターターキット・アンダーシャツ・リキッドウインド・熱い・バイク暑さ対策】

2021年6月20日

 

こんにちは、もんろーです!!

 

今回は、夏直前ということで、RS TAICHIのLIQUID WIND(リキッドウインド)を気温30℃越えの中200kmのツーリングの中で使用してみたので、使用感などを細かくレビューしていこうと思います。

 

装着の仕方や冷却水の出方などは過去の記事で紹介していますので、よければそちらをご参照ください。

 

 

RSタイチ新作 LIQUIDWINDとは?装着にかかる時間や重量について詳しく解説【リキッドウインド・水冷式・バイク・暑さ対策・ブログ・レビュー】

  こんにちは、もんろーです!   先日、RS TAICHIさんのモニターキャンペーンで新商品である「LIQUIDWIND starter kit」を抽選でいただきました。 &nb ...

続きを見る

 

RSタイチ新作 LIQUIDWINDのデメリットを詳しく解説【リキッドウインド・水冷式・バイク・暑さ対策・ブログ・RS TAICHI・真夏】

  こんにちは!!もんろーです!!   最近RS TAICHIから発売されたLIQUIDWIND(リキッドウインド)ですが、装着から取り外しまで試行錯誤する中でいい所や悪い所が分か ...

続きを見る

 

 

 

 

装着感

 

重量

 

 

 

重量はアンダーシャツ+スターターキット(冷却水なし)の状態で約350gです。

 

専用リキッドが300mlなので、初回仕様時はリキッドを全量入れればペットボトル1本分くらいの重さが全体にかかるのですが、装着した感じは非常に軽く、全く違和感はありません。

 

 

車体にまたがると

 

 

 

 

左の太もも部分にくるようにベルト等々調整すると全く車体にも干渉しません

 

ボトルは下向きにセットしますが、中のリキッドが漏れてくることもありませんでした。

 

 

グローブをはめたままでも握れる

 

 

 

今回は、夏用のグローブを使用しましたが、信号停止中にグローブをはめたままでも簡単に握ることが出来ました。

 

わざわざジャケットのジッパーを開けなくてもリキッドでインナーが濡れている、乾いてきたなどを肌で感じることが出来ました。

 

 

走行中の冷たさ

 

気温25℃以下

 

外気温25℃以下だと、ボトルの中のリキッドがまだ外気で温まっていないので、首元にメンソール入りのリキッドのスーッとした感じが伝わってきて気持ちよかったです。

 

走行風で太い血管のある首部分が冷やされて、とても涼しく感じました。

 

25℃以下だと、リキッドもなかなか乾かないため、噴射する回数もかなり少なかったです。

 

 

気温30℃以上

 

外気温30℃以上になると、リキッドがぬるくなり、リキッド単体での涼しさはほとんどありません。

 

 

 

 

リキッドボトル本体に保冷剤を入れるくぼみがあるので、そこに保冷剤をいれれば多少は冷たいリキッドが出るのかもしれません。

 

ですが、ツーリングの帰りに買った冷凍もののお土産と大きめの保冷剤が保冷袋の中で3時間ほどでふにゃふにゃになってしまったので、真夏の気温の中でもっても3時間程度かと思います。

 

走行風があると涼しさを感じますが、リキッドが乾くのが早く、10分程度で半乾きになってしまうので、液体の消費量がとても多かったです。

 

走行時間約2時間でリキッド300mlの4分の1程度を使ってしまったので、丸一日ツーリングすることを考えると、毎回300mlのパウチを使い切るイメージだと思います。

 


 

 

1パウチ660円(税込)なので、ツーリング毎にこの消費量は、正直コストパフォーマンスが悪いように感じます。

 

 

リキッドが乾くと

 

 

 

リキッドが乾くと、とっても汚くなります

 

匂いは無臭なので、不潔というわけではないのですが、これではジャケットを脱ぎたくても脱げませんよね。

 

ちなみに、メーカーはベスト(別売り)の着用を推奨しているので、ベストを着用すればジャケットにリキッドが付着しにくく、リキッドが乾いたシミなども見えなくなります。

 


 

 

 

ぶっちゃけ買いか?

 

正直、私は購入費用と効果が見合っていないように感じます。

 

理由としては、以下の3つです。

 

  • ランニングコストが高い
  • リキッドの消費量が大きい
  • 気温が高いとあまり冷えない

 

何と言っても、ランニングコストで専用インナーとスターターセットに10,530円(税込)がかかるのが大きいです。

 

最近私が利用しているネッククーラーEVOは5,980円(税込)でバッテリー付きで2時間コードレス運転でき、充電が切れたら車両の電源やモバイルばてりーからも給電可能なので、大きい容量のモバイルバッテリーさえあれば1日中冷たいプレートで首元を冷やすことが可能です。

 

 

 

 

一方リキッドウインドの場合は、リキッドが乾いてきたらそのたびにスプレーボトルのトリガーを引く必要があるので、手間がかかったり、使い終わったらホースの中のリキッドを抜いて乾かす、インナーを洗濯する必要があるので、費用対効果が見合わないというのが正直な感想です。

 

 

【口コミで話題】THANKO ネッククーラーEVOとネッククーラーNEOの違い比較レビュー【バイク・自転車・専用バッテリー・おすすめ・冷えない・tk-nemb3・買い方】

  こんにちは、ネッククーラーを使い始めると夏を感じ始める林です!   今日は、新しく購入したTHANKO ネッククーラーEvoを紹介します。   ネッククーラーEVOと ...

続きを見る

 

【真夏でもバイク】暑い日でも快適にバイクに乗るための便利アイテム5選【涼しい・冷える・熱くない・快適・高い気温】

最近は暑い日暑が続き、バイク乗るのも若干億劫な気持ちになると思います。
そんな熱い時期でも快適にバイクに乗れるように、僕が約10年間の経験から見出した夏にバイクに乗るときに必ず使用するアイテムを紹介していきます。

続きを見る

 

 

 

 

最後に

 

今回は、リキッドウインドの走行レビューをしてみました。

 

発売前からかなり話題になっており、とても良さそうだと思ったのですが、つかってみると結構不便なことが多くありました。

 

男性の方はあまり困らないかもしれませんが、スプレーボトルを外してもホース部分が身体に装着されている状態なので、洋式トイレでホースが便器に入らないかヒヤヒヤしながらしました(笑)

 

取外しもホースを抜くとホース内のべたべたした液体が出てきてしまうので、使用するのにも工夫が必要だと感じました。

 




 

 

個人的おすすめ

 

個人的におすすめなのは、サンコーのネッククーラーです。

 

【女性ライダー必見】女性目線でTHANKOのネッククーラーEVOレビュー【暑さ対策・サンコー・バイク・効果・おすすめ・ブログ・オートバイ】 

  こんにちは、真夏でもバイクに乗るもんろーです!!   みなさんは夏をどのようにお過ごしですか?   炎天下の中、自転車やバイクに乗る私にとって、夏の暑さ対策は毎年死活 ...

続きを見る

【口コミで話題】THANKO ネッククーラーEVOとネッククーラーNEOの違い比較レビュー【バイク・自転車・専用バッテリー・おすすめ・冷えない・tk-nemb3・買い方】

  こんにちは、ネッククーラーを使い始めると夏を感じ始める林です!   今日は、新しく購入したTHANKO ネッククーラーEvoを紹介します。   ネッククーラーEVOと ...

続きを見る

 

 

この夏の新商品、ネッククーラーEVOは発売から1カ月で420,000台の売り上げがある大人気商品です。

 

記事にはネッククーラーを1000円OFFで買う、お得な情報をのせています。

 

昨年モデルのネッククーラーNEOは夏前に完売し、転売が相次いでしまったので、夏の対策に気になっている方はぜひ一度チェックしてみてください!

 

 

私たちはバイクのブログランキングに参加しています。

 

この記事がいいなと思った方は下の「バイクブログ」のアイコンをクリックしていただくと、ディアーガレージのブログにランキングポイントが入ります!!

 

もっとたくさんの方に読んでいただけるようなブログ目指して頑張ります!!

 

にほんブログ村 バイクブログへ

-用品紹介