PVアクセスランキング にほんブログ村

初心者向け

【倒れやすい!】強風の時にバイクに乗らない方がいい理由 【デメリット・危険・転倒・疲れる・横風・台風・ 事故】

2021年1月1日

こんにちは、バイク歴約10年の林です!

最近は寒波の影響で寒い日や強風の日が多いですね。

今日は風の強い日にバイクに乗らない方がいい理由を紹介したいと思います。

この記事を読むと強風のときに気をつける点が分かります。

 

バイクが倒れやすい

停車中と言えど強風がバイクに当たるとバイクが不安定になってしまいます。

両足がべったりと地面に付くバイクなら、信号待ちなどでも安定してバイクを支えることが出来できますが、シート高が高く、バイクやシートの幅が広いバイクに乗っている為、停車中に両足を着くことが難しい方は、無理に両足でバイクを支えるよりも、片側に倒して車両を支える方がよいと思います。

【台風対策・地震対策】バイクが倒れないための転倒対策グッツ・商品7選【強風・横風・風で倒れる・スタンド・ジャッキ・転倒防止】

今日は、今年急に増えてきた台風から大切な愛車を守るための行動を紹介したいと思います!!台風でよく倒れてしまっているバイクの写真が流れていると自分のバイクもそうなってしまのかと心配になってしまいますよね。そうならないためにもこの記事を読んで大切なバイクを守りましょう!!これを読めば台風が来ても愛車へのダメージを最小限に抑えることができます!!

続きを見る

 

道路にゴミが多くなる

強風によって細かいゴミなどが道路に散らばってしまうことがあります。

特にタイヤがパンクしてしまうような釘やボルトのような金属が道路に散らばってしまっていることもあります。

風が強くない日でも散らばっていることがありますが、風の強い日ではさらにゴミが風で移動して危険な場面があります。

釘やボルトのパンクしやすいゴミだけではなく、ペットボトルやビニールなどの踏んでしまうと走行に支障がでるゴミにも気をつけて走行するようにしましょう。

ゴミが飛来してくる

路面に落ちているゴミならば見てから回避することができますが、飛来してくるゴミは避けようがありません。

時にゴミがヘルメットを直撃するようなシチュエーションも用意に考えられます。

強風の際はゴミがヘルメットを直撃することを考えてしっかりとシールドを閉めて、飛来物から目や顔を守るようにしましょう!!

それがなくても、シールドをしっかりと閉めることで強風が来た際にも、しっかりとした視界を確保することができます!!

 

強風で勝手に車線変更する

強風の中運転していると風にバイクが煽れられて、直進してるはずなのにバイクが勝手に車線変更並みに横に動いてしまうことがあります。

高速道路や幹線道路など道の広い場所では最悪車線変更と言う形でどうにかなります。

ですが、片側一車線の場所でこのようなシチュエーションになると最悪道路わきの壁に激突するか、道路わきの崖や海に転落してしまう恐れがあります。

強風の場合は「しっかりと減速してできるだけ風を受けないように走行する」もしくは「もう無理だと判断してバイクに乗るのをやめる」ほうが懸命だと思います。

命あればバイクはいくらでものることができます。

その時に必ず乗らなくてはいけないという理由がある以外は、バイクに乗ることをおすすめしません。

高速道路は特に危ない

高速道路を走行すると一般道を走行しているときに比べても速度が出ていて一般道以上に風の影響を受けやすくなってしまいます。

道路標識などで車でも横風注意と標識が出るように、高速道路での横風は車の運転にも大きく影響を与えてしまいます。

バイクで強風時に高速道路を走行するのはとても危険です。

あまりの強風のときは下道を走行するなどして身の安全を確保するべきです。

特に海岸線の端の上などは強風が吹き荒れるので走行ルートとしては避けるべきです。

まとめ

思っている以上にバイクに掛かる風圧は凄く、とても危険なものです。

強風の時にバイクに乗ることはオススメしません。

どうしてもバイクに乗らなくてはいけない時は、できるだけスピードの出ない風の弱いところを走るようにしましょう。

走行中も停止時もしっかりと風を意識することで疲れますが、転倒するリスクを減らすことが出来ます。

【おすすめ!】 イージーリフトアップスタンド【デイトナ・転倒防止・台風対策・チェーンメンテナンス・メンテナンス スタンド・レブル・レビュー・ブログ】

こんにちはバイク歴三年大型バイクを所有しているもんろーです!   私の愛車であるレブル250にはセンタースタンドがない為、チェーン清掃の際には毎回苦労していました。   ですが、今 ...

続きを見る

 

【初心者必見】バイクで転倒した際に修理が必要になるまたは壊れる部品7箇所+α紹介!!【立ちごけ・点検・見る場所・チェック・どこ】

こんにちは! バイク歴約10年で立ちごけも何度か経験がある林です!!   今回の記事では、レブルで転倒した際に交換した部品の話も交えつつ、バイクで転倒した際に修理が必要になるまたは壊れる部品 ...

続きを見る

私たちはバイクのブログランキングに参加しています。

 

この記事がいいなと思った方は下の「バイクブログ」のアイコンをクリックしていただくと、ディアーガレージのブログにランキングポイントが入ります!!

 

もっとたくさんの方に読んでいただけるようなブログ目指して頑張ります!!

 

にほんブログ村 バイクブログへ

-初心者向け