PVアクセスランキング にほんブログ村

初心者向け

【気温が低い冬に必須】バイクに必要な暖気についての解説 【うるさい?騒音?近所迷惑?走りながら暖気?】

2020年12月10日

こんにちは、寒い冬でもバイク通学していた林です!!

 

今日はみなさん一度は聞いたことがあるバイクの暖気についてお話します。

 

この記事を読むとなぜ暖機しないといけないのかが分かります。

 

 

暖機を人間で例えると

 

暖気とは、人間で言うところの運動前のストレッチだと思ってください。

 

人間が急に体を動かすと体を痛めてしまったり怪我をしてしまうこともあります。

 

それだけでは、なくストレッチをすることによって体が柔らかくなり、本来の運動能力を発揮することができます。

 

車両の暖機も殆ど同じ理由で車両が故障しないようにするためと、車両が本来の性能を発揮できるようにするためにしっかりと暖機が必要になります。

 

では暖機する部分を紹介していきます。

 

 

 

エンジン

 

一番よく良く聞くのがエンジンの暖機です。

 

エンジンの暖機ってどうやるのか分からない人で新しい車両に乗っている場合には、とりあえずエンジンを掛けて数分はあまりエンジンの回転を上げずに走るだけで大丈夫です。

 

前述した通り、暖機はエンジンにとっての運動前のストレッチなので、暖機が終わる前にいきなり全力ダッシュのような高回転を常用した走りをしなければ普通に走っても基本的に問題ありません

 

最近の車両だと普通に走っていれば自然と暖機は終わってしまうので、特に意識して暖機する必要はありません。

 

暖機が終わって準備万端な状態になると暖機前と比べてエンジンの回りが良くなるので違いが分かると思います。

 

ただ、古い車両になってくると部品の劣化などによってアイドリングでしっかりと暖機してから発進しないと異音がでてしまったり、パワーが出ずに発進すらし難い車両もあります。

 

古い車両に乗りたい方はしっかりと少しずつ暖機してエンジンを温める必要があります!!

 

 

 

エンジンオイル

 

夏場はそれほど気にすることはありませんが、冬場はエンジン内部と外気温の寒暖差によってエンジン内部に結露が発生します。

 

その結露がエンジンオイルと混ざってしまうことで乳化という現象が起こってしまいます。

 

実際に見たことがある人は、少ないと思いますが冬場エンジンをかける前にオイルフィラーキャップを開けてみるとフィラーキャップの裏にバターの状のオイルが付着していることがあります。

 

これが乳化したエンジンオイルです。

 

チョイ乗りばかりだとなかなかエンジンオイルに入ってしまった水分が蒸発することなく、どんどん蓄積されて行きます。

 

乳化したエンジンオイルは長時間運転して水分を蒸発させることで乳化状態から改善することができます。

 

エンジンオイルが乳化した状態で高回転を常用してしまうと乳化したオイルの部分が焼きついてしまってエンジンに悪影響を及ぼしてしまいます。

 

エンジンオイルが乳化してしまっている場合でも少しずつ暖機していくことを心がけましょう!!

 

エンジンオイルの乳化が酷い場合には、自然の結露が原因では、なくエンジン内部で冷却水が漏れている場合もあるので、その場合はいきつけのバイク屋さんに見てもらいましょう!!

 

【初心者向け】バイクのエンジンオイルと役割・交換時期・必要性・減るとどうなるか解説【おすすめ・整備・オイル交換をしないとどうなるか・オイル汚れ】

  こんにちはバイク歴約10年、自動車整備士の資格を持っている林です!   今日は、エンジンオイルの役割について超簡単に解説します!   これを見ればなんとなくエンジンオ ...

続きを見る

 

 

 

暖機の目安

 

水温計の付いているバイクなら水温系の針が真ん中で安定してから少し時間が経ってから暖機完了になります。

 

車両にもよりますが水温が暖まってもエンジンオイルはまだ暖まっていないことが多いです。

 

エンジンオイルは冷却水に比べて温めにくく、冷めにくいので水温計が暖まっていてももう少しだけゆっくり走るようにすることでエンジンオイルもしっかり暖めることができます!!

 

【初心者向け】バイクの冷却水・クーラント液とは 交換する理由や役割、減る原因を解説 【おすすめ紹介・減るとどうなる・減るの 早い・無くなる】

今日は一般的なバイクや車に使われている冷却水(別名クーラント)の解説をしてきます!!これを読めば冷却水が何をしていているか理解できます!!

続きを見る

 

 

暖機するのはエンジンだけではだめ!!

 

暖機と聞くとエンジンを掛けっぱなしにしてエンジンが暖まったら良いっと言うイメージがありますが、バイクに乗る上での暖機はエンジン以外の場所も必要になってきます。

 

タイヤ

 

タイヤも冷えた状態と暖まった状態ではグリップ力(道路をつかむ力)が変わってきます。

 

タイヤが冷えている状態でカーブを曲がってしまった際にグリップ力が低く、そのまま滑ってしまい転倒する事故などもあります。

 

サーキットを走る方などはタイヤを専用の機械で暖めてから使用するほどタイヤを暖めるのは重要なことです。

 

ただ、一般道を走行するだけならば普通に走ってほんのり暖かくなれば十分です。

 

走り出しの一番冷えている時は滑りやすくなっているので気をつけてください。

 

【サーキット向け】公道・一般道路でハイグリップタイヤをオススメしない理由 【デメリット・危ない・スポーツタイヤ】

  こんにちは、林です!   タイヤパターンがかっこよくてついついサーキットも走らないのについつい買いたくなってしまうハイグリップタイヤ!   今日は、公道を走る際にハイ ...

続きを見る

 

チェーン

 

チェーンもエンジンを掛けているだけでは暖かくなりません。

 

チェーンはオイルが塗られている場合が多く、そのオイルはチェーンが動くことによって暖まります。

 

チェーンオイルが暖まる前に高回転までチェーンを回してしまうとオイルがまだ硬いので走行抵抗になったり、オイルがチェーンに馴染んでいないところが焼きついてしまう恐れがあります。

 

またチェーンからオイルが無くなっている場合には、しっかりとチェーンメンテナンスをしましょう。

 

【KURE】バイクのチェーン清掃、給油のやり方とおすすめの用品を紹介【VFR800F・バイクメンテナンス・チェーン給油・チェンシコ・チェーンクリーナ・チェーン掃除】

  こんにちは!!もんろーです!!   みなさんはチェーン清掃はした事ありますか?   チェーン清掃は通称「チェンシコ」とも呼ばれ、ブラシでチェーンをしこしここするときの ...

続きを見る

 

バイクだけでなくライダーもしっかりと暖気

 

寒い冬場にバイクに乗る際には体が硬くなっていることが多いので、ライダーもしっかりとストレッをして暖気をしないと不意な怪我をしやすくなります。

 

こちらの記事でバイクに乗るときにお勧めのストレッチを紹介しているので是非ご覧ください

 

【バイクツーリングの休憩中に】驚くほど上半身がスッキリする体操とストレッチ7選【疲れ・肩こり・痛み】

こんにちは!!もんろーです!!   みなさんはツーリングの休憩中は何をしていますか?   私はトイレ休憩や水分補給と同時に身体のストレッチをする事を心がけています。   ...

続きを見る

 

 

バイクの暖気騒音について

 

バイクの暖気をするために駐輪場でバイクのエンジンをかけっぱなしにする人が居ます。

 

暖気したい気持ちは、わかります。

 

ですが、バイクのエンジン音で周りの近隣住民に迷惑がかかってしまう場合があります。

 

バイクを暖気している音で通報されたり、苦情が着たりします。

 

特に社外マフラーなどに交換している方は、気をつけましょう!

 

【個人的に】おすすめしないバイクカスタムパーツ5選紹介 【デメリット・良くない・フェンダーレス・違法改造・不便】

今日は自分の経験談も交えながらあまりお勧めしないカスタムを紹介していきます!!今回の記事は「個人的に」はあまりお勧めしないだけで、そのカスタムを否定するわけではありません。しっかりとメリット、デメリットを理解してからのカスタムをお勧めします。

続きを見る

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回はバイクの暖機について解説しました。

 

基本的に人間と同じでバイクも朝起きていきなり全力疾走をするのは厳しいです。

 

少しずつ暖機をしていってバイクが暖まってから元気に走り始めるようにしましょう!!

 

その方が乗り方にもよりますがバイクが長持ちします。

 

【初心者向け】 古いバイクで劣化する場所・交換が必要になる部品紹介【経年劣化・ヒビ・ホース・漏れ・タイヤ】

こんにちは、古いバイクにも乗っていた林です!   今日は初心者の方向けに、バイクが古くなっていくと交換が必要になってくる部品を紹介します。   分かりやすいように、紹介しますので、 ...

続きを見る

 

【ラチェットレンチ編】バイク整備のために購入するおすすめ工具!!【初めて・初心者・メンテナンス・オートバイ整備】

  こんにちは簡単なバイクの整備なら自分で行う、元自動車整備士の林です!!   今日は初心者の方向けに買っておいて損はない工具の中でもラチェットレンチを紹介します!   ...

続きを見る

私たちは、バイクのブログランキングに参加しています。

 

この記事がいいなと思った方は下の「バイクブログ」のアイコンをクリックしていただくと、ディアーガレージのブログにランキングポイントが入ります!!

 

もっとたくさんの方に読んでいただけるようなブログ目指して頑張ります!!

 

にほんブログ村 バイクブログへ

-初心者向け

© 2022 ディアガレージ Powered by AFFINGER5